クラウンのサスペンションと中古車相場

トヨタのクラウンといえば日本を代表する高級車のひとつですが、高級車の宿命として乗り心地の追及は避けて通れない道だと思います。

スポーツカーやファミリーカーなどは悪く言えば乗り心地を多少犠牲にしても問題ないのかもしれませんが、高級車はそういうわけには行きません。

昔の日本は未舗装道路など状況も悪く、ベンツなどの外車に対抗するためのサスペンションの開発には相当苦労されたのではないかと思います。

最近の自動車はハイブリッドやナビゲーション、自動ブレーキを代表とする安全装備など主に電装関連の技術開発が注目されがちですがサスペンションのように比較的地味な部分の開発もとても重要でしょう。

参考サイト:クラウン中古車相場表

最新のクラウンのサスペンションを見てみるととても複雑なカタチをしています。
このような車種ですとマルチリンクやダブルウィッシュボーンが主流になると思われますが、そのような分類に入らないほど複雑でまるで精密機械のように感じます。

最近ではシュミレーション技術が発達していて設計の段階からある程度挙動など推測出来るのでしょうが、実際には何度となく作っては改良しテストを重ねてきたのだろうと思います。

クラウンのショックアブソーバーの部品の一つ一つにも凄いこだわりを感じます。
まさに努力の結晶と言うにふさわしいと思います。

セレナのイメージと下取り相場

現代の車は進歩しているのでバリエーションが多くなっています。
その中でニッサンは色々なタイプを販売して支持されています。
ミニバンではセレナが注目されて使用するユーザーが多くなっています。

家族がいる場合はより広い車を買うことが多くなります。
それは大勢でドライブを楽しんで負担を軽減するためです。
セレナはそういったユーザーにはお勧めできる要素を多く持っています。

セレナは性能が高くて広い空間で楽しめるものです。
車は最初に大きさで選ぶという場合は、この車が選択肢に入ります。
大勢の家族がいるユーザーは満喫することができます。

空間の広い車は扱いやすいのがポイントになっています。
ニッサンではそういった車を開発するために工夫しています。
セレナは余分なスペースがないので自由に楽しめる感じです。

参考:セレナ下取り

日本の車が優れているのは低コストで広い空間があるためです。
収納スペースも優れているので家族が多いと助かります。
そういった部分を見て買うことも良いです。

ニッサンのミニバンはテレビでも扱われているので人気があるのが分かります。
やはりそういったタイプは自由度が高くてどこでも重宝します。
この車があるだけで生活が楽になることは確実です。

10年目のオデッセイと下取り相場

オデッセイに乗って10年以上になります。
10年経っても変わらず好きで気に入って乗っています。
特に外観は10年以上経った今でもまったく古臭さを感じさせず、買い換えようかと考えることがあっても結局思い止まってしまいます。

購入のきっかけは子どもが3人に増えたことと、実家の近くに転居し両親を一緒に乗せて移動する機会が出てきたことでした。
7人が一度の乗れる車を探すことになり、ミニバン車を購入することになりました。
購入当時オデッセイの他にも日産のセレナやマツダのプレマシーなど同レベルの車とも比較検討しました。

参考:オデッセイ下取り

価格的にはそれらの車よりも高かったように思いますが、それでも結果的にオデッセイを選んだのは外観の良さや内装の高級感が決め手でした。

いまもそうですが、当時から売却時の買取相場が高いのも嬉しい所です。
それに帰省する時にもたくさん荷物が積めて便利です。

普段は家族5人で乗ることが多く、3列目を倒してトランク部分を広くすればかなりの荷物が積めますし、2列目まで倒すと寝ることも出来ます。
時代が変わって今では子どもの友達を乗せて移動することが増えて来ました。

家族構成が変わっても自在にシートがアレンジ出来て非常に重宝しています。
10年以上経っていますが、まだまだオデッセイに乗り続けて行きたいと思います。

フリードのシートと下取り相場

「ちょうどいい」サイズが売りのフリード。
結婚出産などで家族が増えたことをきっかけに、この車を検討している人は正解です!
2人、3人乗りに最適です。

窓が大きいため視界がとても広くてスペーシーに感じます。
大きく見えるかもしれませんが、意外と女性でも運転しやすいです。

赤ちゃん連れのファミリーにとって今やスライドドアは欠かせませんが、このフリード、リモコンで重いドアの開け閉めもできますので何かと便利です。

参考:フリード下取り

3列目シートまであるので、急に人を1人2人、乗せたいときでも楽々対応できますし、荷物を置いておいてもスペース的に気になりません。
特におすすめは2列目をベンチシートにするのではなく、キャプテンシートと呼ばれる個別シートにすることです。

これは本当に便利で、真ん中に通路ができるので、いつでも楽々2列目に移動できるのです。
ベンチシートだった時にはない自由さと機能性を感じられます。

最近は人気なのか、一般的に良く見られるようになりましたが、やっぱりスタイルがスポーティでシックでコンパクトな外観が魅力です。
他のミニバンと比べても、フリードのカッコよさはピカイチだと思います。

ちなみに燃費も良いのです。
ちょうどいいと本当に実感できる車だと思います。

ピンクのヴィッツと下取り相場

以前、うちの近所に女優さんが住んでいました。
テレビで見ても美人ですから、間近でみるとそれはそれは美しい方で、すれ違っただけでも見とれてしまうくらいでした。
お仕事に行くときは、事務所の車でしょうか、お迎えが来ていたのですが、オフの日は自家用車を運転して買い物などに出かけているようでした。
その方が乗っていた車がトヨタのヴィッツだったんです。

彼女がテレビで
「運転は好きなんですが、上手じゃないんです」
と話しているのを聞いたとき、ヴィッツはコンパクトで運転しやすい車なのだろうなと思いました。
色はきれいなピンクでした。

可愛くて華やかなヴィッツは、可愛くて華やかな彼女にぴったりの車でした。
普段着のお買いもののはずでしたが、センスの良いファッションの一部に見え、乗り降りする所作も美しかったのです。
そんな彼女はやがて女優の仕事が忙しくなり引っ越していきました。
その後、車を買い換えると決めたとき、私は迷わずヴィッツを選びました。

私の中でピンクのヴィッツは憧れになっていたのです。
家族には笑われましたが、譲れませんでした。

参考:ヴィッツ下取り

今でもピンクのヴィッツに乗り込むときは、うきうきして、ちょっと華やかな気持ちになります。
もちろん私の容姿では女優さんの足元にも及ばないけれど、可愛い車って、毎日の生活を楽しくしてくれるものだと思います。